皮膚病(アトピー)によい温泉

温泉は皮膚病の解消にも役立つものです。ポピュラーな単純泉に関しては、効能が弱いとされるので、厳選して訪れるようにしましょう。


■石膏泉
血管を広げてくれる役割があります。動脈硬化にもよく、血管疾患全般を抑制する役割があると言えます。


■炭酸泉
毛細血管を広げることで皮膚の血流をよくします。高血圧のほか、皮膚病を和らげるのに役立ちます。


■重曹泉
皮膚をスベスベにする効能があり、「美人の湯」と言われることもあります。肌トラブルを解消したい人にオススメの温泉です。


■重炭酸土類泉
炎症を抑制する効能があります。炎症がなかなか治らない人は、重炭酸土類泉が適しています。


■硫黄泉
皮膚病に役立つ泉質の一つです。皮膚の角質に作用することで、古い角質を除去します。


角質が残ってしまうと、肌の新陳代謝を妨げることになります。新陳代謝を活発にすることは、皮膚病をスピーディーに治すために欠かせないことなのです。


当然のことながら、皮膚病だけでなく、スキンケアの面においてもマイナスとなります。角質の様子は自身では把握できないことが多いですが、硫黄泉に継続的に浸かることで肌状態が改善していくのが体感できます。


■温泉治療の注意点
かかりつけの医師と相談してから行いましょう。自身の症状によっては、泉質の成分がマイナスに働くこともあります。


泉質のなかには、同じ成分でも強さには差があります。敏感な肌に強い刺激を与えると、皮膚にもよくありません。

 

▼▼行きたい地域をクリック!▼▼