からだの症状にあった温泉:記事一覧

風が吹いても痛いと言われる痛風は、体験した人しか激痛の度合いが分からないとされます。 贅沢病という別名もあり、いちど発生すると完治しない病気です。 痛風の治療のメインは食事療法になります。それ以外の方法では、温泉療法が役立ちます。ただ、泉質によって効能が異なるため、自主的に治療を行うのではな

骨折・打ち身などの解消法は、自宅でゆっくりしているのが一番だと言われています。しかし、社会人になって仕事をするようになると、自宅で安静にできるほど暇ではありません。 痛いのを我慢しながら働くのが普通でしょう。そこで、骨折・打ち身に効能のある温泉を活用し、痛みを少しでも早く解消させましょう。

温泉が美肌によいのは多くの人が知っているでしょう。皮膚を整える「美人の湯」は、遠方からでも入浴したいと訪れる人がいます。 ■炭酸水素塩泉の効能 飲用もできる泉質として知られています。入浴と同時に併用することで、相乗効果が期待できます。 ■アルカリ性泉 8.5以上のpH(水素イオン濃度)を

不妊症はすべての原因が解明されてはいません。 複数の要因が絡み合っているため、複合的な症状によって不妊症になると考えられています。事実、さまざまな病院で検査を受けても原因が特定されず、何年も不妊症に悩んでいる人がいます。 そこでオススメしたいのが不妊症によい効能を持つ温泉を利用することです。

貧血を防いだり解消したりするには、含鉄泉(がんてつせん)が役立ちます。この温泉は、名称からも分かるように鉄分を含有しています。 鉄分を皮膚から吸収することで、鉄分の欠乏を解消する効能が期待できます。含鉄泉は色が付いていませんが、空気と接触することで濁った褐色に変化します。 「血の池地獄」は、

温泉は皮膚病の解消にも役立つものです。ポピュラーな単純泉に関しては、効能が弱いとされるので、厳選して訪れるようにしましょう。 ■石膏泉 血管を広げてくれる役割があります。動脈硬化にもよく、血管疾患全般を抑制する役割があると言えます。 ■炭酸泉 毛細血管を広げることで皮膚の血流をよくします

温泉でやけど・傷を治すことも可能です。 症状が重度の場合、簡単には完治しませんが、自宅の風呂よりも治りやすくなるのは確かです。やけど・傷などは、跡が生じると簡単には消せません。 ステロイド状になるとデコボコして見た目にもよくないので、いくつかの方法を併用することで改善させていきましょう。やけ

万病の元と言われるのがストレスです。ストレスが蓄積すると、人体の免疫機能が悪化するなど、病気をガードするための機能を弱めてしまいます。 多忙な生活が続いたり、周囲に気配りする習慣が当たり前になっていると、無意識のうちにストレスを蓄積することになります。ストレスに対する緩和の場合は、単純泉とアルカ

温泉を利用する人のなかで特に多いのが、腰痛・肩こりの解消です。人間の体は温めるだけで血流を促進させ、人体の有害物質を排出させる役割があります。 疲労を感じたときに入浴したくなるのは、体が温泉を求めている証拠でもあります。 現在、腰痛・肩こりの解消に役立つ泉質には、単純泉・アルカリ性単純泉・塩

温泉で高血圧を解消しようと思ったら、単純泉・二酸化炭素泉・硫酸塩泉などがよいでしょう。以下で、それぞれの泉質の特徴を説明しましょう。 ■単純泉の効能 万人向けの泉質として知られており、高血圧にもよいと言われています。また、疲労を回復させたり、筋肉痛を和らげたりできます。 国内では多数点在して