温泉には本当に効果があるのか?

本来、効果などを大々的に謳っているのは医薬品が主流です。


医薬品には科学的根拠があるため、「効果・効能がある」と記載できるのです。温泉の場合の効能は、昔の神話などを元にした話が多々あります。


現実では考えられないような昔話では、信頼性の点では怪しいのが現実でしょう。


「大昔に○○がケガをして入浴したら完治した」などは、あくまで物語の話である可能性が高いと言えます。誰もが知っている武士などがケガを解消したなど、信頼性のある情報がある反面、傷を癒したのが動物だという話もあり、どこで線引きをして判断するかが難しいのが現状です。


数年ほど前、効能がない温泉にもかかわらず、いかにも体によいという感じで紹介していたニュースが存在しました。


医薬品の場合と異なり、誇張が許される傾向があるためか、こうした嘘の情報が多く出回っているようです。


信頼性の高い温泉を選ぶには、知名度を参考にするのがよいでしょう。


知名度の高い場所は、リピーターが多いと言えます。効能を肌で感じられれば、何度でも訪れたいと思うはずです。


ただ、1回の入浴で体感できるケースはまれだとされます。


何度も通うことで、少しずつ肩こりが解消するなど、徐々に体質が改善していく感覚です。そのため、あまりに誇張な宣伝をするところは注意するべきでしょう。


また、温泉が広々としており、リラックスできることも大切な要素です。日々のストレスケアは、入浴の大きな目的の一つです。

 

▼▼行きたい地域をクリック!▼▼