正しい入浴方法を知ることが大切!

正しい入浴方法を知ることで、温泉の効能を向上させましょう!


いくつかの入浴法があるため、自身に適した方法を選んでいくことが大切です。


「かけ湯」は、時間がない人や、体全部を湯に入れるのが嫌な人に向いています。心臓から離れた部位から湯をかけていく方法は、体をリラックスさせるために欠かせません。体全体を湯に入れるときも、かけ湯を行っておけば体への負荷が弱くなります。


そして、打たせ湯も人気の温泉のスタイルです。滝を浴びるような感覚の打たせ湯は、首や肩の血行を促す効能もあります。


「腰湯」「足湯」などは、冷え性の人に理想的な方法です。この2つの方法は、のぼせる可能性が低いのがメリットです。また、湯温が多少熱くても心臓にまで負荷を与えないのも嬉しい点です。心臓へのダメージは、高齢者や心臓の弱い人ほどリスクが大きくなっています。


半身浴の場合は、全身浴よりも体へのダメージを小さくします。特に1日に何回も入浴する人は、体への負担は無視できないポイントです。しかも、半身浴は全身浴と比較し、それほど効果が違わないとされます。


足湯の場合は、足だけを入れるものですが、それでも一定の効能が感じられるとされ、多くの人から人気が高まっています。高温浴という入浴法は、熱い風呂に入るものです。


長い時間入っているとのぼせるので、何分か入浴してあがり、再び入るというスタイルを繰り返します。これらの入浴法は、温泉の湯温も考慮して決定します。

効能を向上させる入浴法とは

温泉に入浴するからには、効能を最大限に発揮したいと思うものです。


体は落ち着いていたほうがよいため、初めにかけ湯をします。足先など冷たいところから湯をかけていき、最後に心臓に湯をかけます。


湯温に体の慣らすことで、スムーズに入られるようにするのです。特に高齢の人はかけ湯が非常に大切となります。


温泉の効能は、泉質によっては強力な場合もあります。


この場合、そのまま入ると皮膚に刺激となるケースがあるので、入浴後に湯をかけて泉質を洗い流します。慢性的な肌トラブルを持っている人だと、肌に炎症が生じることもあります。


家庭の風呂の入浴ならば制約はないですが、温泉の場合は話が別です。そして、擦り過ぎないことも大切です。タオルで水気を吸収します。


何日か続けて入浴する場合は、1回に長時間入るのではなく、何度かに分けるべきでしょう。ただ、むやみに回数を増やすのもマイナスなので、健康体の人で3回(1日あたり)まで、スタミナがない人は2回までとなります。


効能については、即効性を感じることはまれです。体験を得るためには、継続的に訪れて入浴する必要があります。


ただ、遠い場所にある温泉だと無理があるので、近場でよいところを探して訪れたいものです。また、いくつかの泉質に入浴し、効能を肌で感じることも大切でしょう。


情報で読むのと実際に入浴するのとでは、大きなギャップを感じることがあります。これに関しては、泉質が同じ場合でも共通して言えることです。

 

▼▼行きたい地域をクリック!▼▼