温泉の効能について:記事一覧

持病や体質改善のために温泉を活用するならば、泉質・効能を把握する必要があります。 泉質とは、簡単にいえば温泉の種類。 温泉それぞれには、成分や温度、色や匂いなどが違っています。中でも泉質は温泉の中に含まれている化学成分の種類とその含有量によって以下の10種類に分類されるといわれています。

温泉の最低限の知識を身に付けたら、今度は効能を比べてみましょう。 ここでは、有効成分のほか、価格や自宅からの距離、湯温なども判断材料にしましょう。 持病や傷を癒すために訪れるなら、しばらく通うことが好ましいでしょう。泉質の成分を体感するためには、1度の入浴だけでは足りません。 いくつかの

正しい入浴方法を知ることで、温泉の効能を向上させましょう! いくつかの入浴法があるため、自身に適した方法を選んでいくことが大切です。 「かけ湯」は、時間がない人や、体全部を湯に入れるのが嫌な人に向いています。心臓から離れた部位から湯をかけていく方法は、体をリラックスさせるために欠かせません。

家庭用の入浴と同様に、温泉の場合も気をつけるべきポイントがあります。 一番の注意点は、温泉の効能をきちんと把握することです。 自身に合わない泉質に入浴しないよう、事前に情報を集めておきましょう。また、運動やスポーツなどで体が興奮している状態も好ましくありません。これは、精神的な刺激を受けたと

温泉には飲んでも害がないどころか、健康効果を向上させる泉質まであります。 この場合、入浴するのと飲用するのとでは、効能に変化が生じることを認識しておきましょう。 例えば、入浴の場合は傷の解消に役立つ泉質が、飲用すると肝臓を元気にする作用があるなど、健康効果がまるで異なることが多々あります。そ

本来、効果などを大々的に謳っているのは医薬品が主流です。 医薬品には科学的根拠があるため、「効果・効能がある」と記載できるのです。温泉の場合の効能は、昔の神話などを元にした話が多々あります。 現実では考えられないような昔話では、信頼性の点では怪しいのが現実でしょう。 「大昔に○○がケガを

日々の疲れを癒すために日帰り温泉を楽しむ人もいるでしょう。 自宅で入浴するのと比べ、より高い効果が期待できます。 自分の不調に合わせた効能を持つ泉質を選べば、健康維持のためにも非常に有意義です。しっかりと体感するためには何日か通うのが好ましいですが、多くの人は日帰りでのプランを設定するようです。